サービスの質も重要

教会

神前結婚式とは、日本独自の宗教である神道の伝統に則った方式で行われる婚儀の事です。
明治時代に、後の大正天皇となる皇太子の結婚式が宮中賢所大前で行われた事で一般人の間にも普及し、神宮奉賛会が民間の婚儀の様式を定めた事で現在に至ります。
式は巫女の先導で新郎新婦とその親族たちが入場し、斎主が幣を使って穢れを落とす禊を行います。
祝詞の奏上や新郎新婦の三三九度の杯を交わすのが一般的ですが、略式を用いて手順を簡略化している神社もあります。
このような婚儀は神社だけではなく、ホテルや通常の式場でも行え、披露宴へのスムーズな移行ができるのが特長です。
日本の伝統的な和装で、厳かな婚儀を上げる事ができる神前式は根強い人気があります。

冠婚葬祭の一つであり、人生の大切なイベントの一つである結婚式は招待人数や新郎新婦の求める雰囲気により、式場には様々な選択肢があります。
純白のウェディングドレスを着れるキリスト教式の挙式は時代を超えて人気のスタイルで、ホテルや式場のチャペルで行うのが通常です。
本物の教会で式を挙げるにはキリスト教徒か、結婚講習を受ける必要があるので注意して下さい。
神道の流れで行う神前式では、白無垢や黒振り袖といった凛々しく厳かな衣装の他に、現在では洋風のヘアスタイルやブーケでアレンジする事が可能で、華やかさがプラスされた式もあります。
また、宗教色の無い人前式もオリジナル色が出せるため人気があり、費用もリーズナブルでパーティー的な雰囲気を求める場合におすすめです。